韓国映画「82年生まれ、キム・ジヨン」

最終更新日

最近ハマっている韓国ものの話題です。

「82年生まれ、キム・ジヨン」という映画を観ました。韓国でヒットした同名小説を映画化したもので、韓国の男尊女卑、女性にとっての結婚、母になること、仕事など、女性の人生で打ち当たる壁や葛藤について描いた作品です。キム・ジヨンという名前は韓国では、よくある名前だそうで、そんな名前を入れたタイトルからも多くの女性の立場について描いているということを想像します。

まずコンユさん、カッコ良すぎる。ユミさん、綺麗すぎる。たくさんの作品で共演してるこの二人の信頼関係やら、大人の魅力溢れる二人の空気間がなんて素敵なの!と思います。

小さな子供がいると、生活に追われて頑張りすぎたり、自分を大切にする余裕がなかったり、自分を見失いがちで、義母との関係も苦しく、仕事がしたくてもできないことなど、そんな女性としての息苦しい立場がよく描かれていて共感してしまいました。

良くも悪くも、昔ながらの価値観が根強く残っている韓国社会のリアルを教えてくれて、この現代を、健康なメンタルで生きていくために大切なことも改めて考えさせてくれた素晴らしい映画でした。

この映画のシーンでも、エッセイ本「私は私のままで生きることにした 」でも知ることができたけど、韓国では、幼い子を持つ母親のことをママ虫と呼んで皮肉ったりする一部の人がいたり、男尊女卑が深刻なんですって。悲しい。

だからこそ、最近の韓国のエッセイ本やBTSのLove your selfというメッセージなど「自分を大切に」、「周りの人の価値観や数字に惑わされないで」など自尊心や自己愛を大切にしようというメッセージは、韓国を飛び越えて世界中の多くの人の心に響いてヒットしているし、そんな風に自分を守っていくのが大切な世の中ですよね。

ネット世代(Z世代)のうちの娘にも伝えたいことです。